家具屋の椅子の張替え素材シリーズ

身体をそっと包んでくれた椅子
家族をいつも支えてくれたダイニングチェア
座面がやぶれてしまったけれど どうしても捨てられないスツール
そんな椅子たちの座面を あなた自身の手で 修理することができます。

 

椅子の座面の色を変えるだけで、家の中の雰囲気が変わります。
あなたの部屋を、大好きな色に染めてみませんか。

 

家具を修理して使えば、ゴミを減らすことにもつながり、地球環境にやさしい。そんな思いからビッグモリーズはこれまで様々な家具を修理してきました。

そして、たくさんの修理の経験から、お客様ご自身でも修理できるセットを販売しようと考えました。

大きい座面の椅子の修理でも、型抜きが少々ズレても大丈夫なように、素材は少し大きめに切り出しています。

 

やわらかなさわり心地で、くっきりとした発色のレザー(合成皮革)。
さらりとした手ざわりと、クリアな発色の国産の平織布。
数多くの生地の中から、特に人気が高く、張替えしやすいものを選びました。

 

座り心地は良いけど、すぐにへたって長持ちしない。
長持ちするけど、かたくて座り心地が良くない。
椅子のクッションは、中に入れるウレタンによって長所短所が分かれます。

実は、ふんわりとしたウレタンの下に、もっちりとしたチップウレタンを敷くことで、お互いの長所短所を補い合い、
やわらかくて座り心地が良いうえに、へたりにくくて長持ちするクッションに仕上がります。

ソファや椅子のクッションを知り尽くした家具屋だからこそ、おすすめできる組み合わせです。

必要な材料を組み合わせた、扱いやすい大きさにカットした椅子の張替えセットです。布地や厚みをお選びいただけます。

 
レザー
(合皮)
国産
平織布
 
レザー
(合皮)
国産
平織布

単品での、椅子の張替え素材の販売もはじめました。

  通常版 ワイド版
張り地
単品

レザー
(合皮)
張り地
単品

国産
平織布
ウレタン
単品
2cm厚
ウレタン
単品
3cm厚
チップ
ウレタン
単品
椅子の
うら地
単品
不織布 ワイド版不織布
関連
商品
ガンタッカー

まず、必要な道具を準備します。

 

椅子のフレームから、ドライバーで座板を取りはずします。
座板の裏側から、タッカー釘をマイナスドライバーやニッパーなどで抜き取ります。
座板から、カバーを剥がします。

 

取り出した座板を元に、チップウレタンと不織布を座板の形にカットします。
ウレタンは座板より2〜3cm外側をカットします。
※マジックで先に形を書いてからカットすると簡単です。
※張り地はまだカットしません。
下から、a.張り地、b.ウレタン、c.チップウレタン、d.座板の順に重ねます。

 

重ねた座板の上に乗り、張り地を内側に折ってガンタッカーで止めていきます。角の丸い部分は、ギョーザの皮を重ねるように、ひだを作って折り込んでいきます。

 

余分な生地をカッターでカットします。

不織布をタッカーで貼り付けます。
ネジ穴の部分は、不織布をカットします。

座板を取り付けて、完成です。

上に戻るボタン